高速スクワットでダイエット!筋肉をつけて効率よく痩せる

高速スクワットでダイエット効果がありました。高速スクワットは言葉そのままに、できるだけ速くスクワットをします。この運動で太い筋肉ではなく、瞬発力のある細めの筋肉をつけることができるので、実用的でバランスの良い体系になることができます。そのため、筋肉で太くなりたくない方、特に女性にはおすすめのダイエット法だと感じます。

スクワットで筋肉をつけてダイエット

また、スクワットをする際は、速いだけでなく、何回するかもポイントです。というのも、動きが速いため、屈伸が浅いかわりに1セット50単位ずつできるのが理想です。普段あまり運動をしていない人であれば、次の日に少しだけ筋肉痛かな、という程度なのでハードルは低いと思います。運動をしている最中も、疲れて息が切れ切れになるということもそうないです。

スクワットのやり方

高速スクワットで重要なことは、「速さ」と「回数」です。速さの点では、できるだけリズムを一定にキープした状態で屈伸をすることが理想です。屈伸をする際は、浅くてもかまわないですが、できるだけ膝がぐらつかないようにして、お尻を少しでも低く下げる努力をすると、さらに効果があります。膝がぐらつかないようにするには、足の指で地面をつかむように踏ん張って、固定すると安定した状態で運動することができます。そのため、運動の際は裸足ですることをおすすめします。裸足ですることによって、靴下や靴を履いた状態でするよりも、自分のバランスで安定した運動をしやすいからです。
続いて、回数については、速さの重要な上記の点を押さえたうえで、一定のペースで自分の定めた回数をクリアすることが重要になります。

高速スクワットの注意点

高速スクワットをするうえでの注意点は、2点あります。1つめは、屈伸の際に膝を痛めないように気を付けることです。具体的にどのように気を付ければよいかというと、屈伸を続けて痛くなってきた場合は屈伸度合いを浅くするか、スピードを緩めて、それでも痛いようであれば運動を中断することをおすすめします。無理をしてしまうと、膝に炎症が起き、日常生活での屈伸運動でも痛みを伴ってしまうからです。
注意点の2つめは、スクワットはあくまで脚を鍛えるための運動なので、腰を使って運動をしないことです。屈伸する際のイメージは、おしりを突き出すようなイメージです。膝を主に曲げますが、膝が浅くて腰を曲げるようにして運動した場合、腰を痛めてしまう可能性があります。

クリスチャンココの口コミはこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です